便秘の人がするべきダイエット法

便秘の人の多くが、「食物繊維や水分、乳成分などをしっかり摂って痩せる」という方法をとっていると思いますが、その方法だとかえって便秘を悪化させる可能性があります。「便秘が解消すれば痩せやすくなるからとにかく出さないと!」と思ってお腹に良さそうなものをどんどん摂取している人は、もしかしたら損をしているかもしれません。ワンズアップ

便秘をすると、大腸や小腸に便が詰まり蠕動運動が少なくなります。そこへさらに良かれと思ってどんどん消化によさそうな飲食物を送り込んでいくと、さらに腸内が詰まり便秘を促進させてしまう恐れがあります。

まずはいったん腸内をカラッポにしましょう。そのためには、経口摂取をお休みすることです。必要な水分は摂らなくてはなりませんが、食事は一回くらい食べなくても現代日本では飢えて健康を害することはないでしょう。

とりあえず、便通があるまで飲食をお休みします。そして便通を確認してから、カラッポになった体に初めて消化の良い食べ物を入れてあげるのです。知人で「押し出し式で食べて出す」という女性がいますが、これは胃腸に非常に負担のかかるやり方です。

大事なのは腸が蠕動運動を取り戻すまで飲食を待ってあげる、ということ。働く々と同じように、ずっと働き詰めの腸もたまには休みたいはずです。ときに腸に思いやりをかけてあげることで、便秘解消が進み、ひいては痩せ体質を作っていくことができます。

便秘のときは8時間ほど絶食(水分以外)してみて下さい。驚くほど下腹部が軽くなり、体が軽やかになります。その軽やかさを受けてエクササイズなりウォーキングなりしてみると、さらに蠕動運動が促進され、良いリズムが出来上がる筈です。ぜひお試し下さいね。