生理前の厄介なバストの話

私は、普段はCカップのブラを使用しています。ベルトップナイトブラの使用感や効果は?実際に着用してみた私の口コミを紹介します!

しかし、生理前はバストが張り、普段使っているブラがきつくなったり、バストが痛んだりします。ブラのサイズが少し小さくなってしまって揺れてしまったり、苦しい感じがしてストレスMAXです。痛みは、触ったら「痛い」と感じる程度なので、ブラの着脱が億劫になる程度ですが、保育実習でこどもと遊んでいて、咄嗟の行動をしたり、走らなければいけないことが多くあり、その時は張りでブラがバストに合わず、バストが揺れてしまうので痛みが触る時よりもかなり痛いので地獄です。

最初は、生理前にバストが張ることを知らず、勝手に「成長痛が来た!まだ胸が大きくなるんだ!」期待していましたが、痛みが定期的に引くことに疑問を覚え、調べてみたらバストが張ることが生理前の症状で書いてあり、少し大きくなることに希望を持っていた私は裏切られた気分でした笑

それまでは妊娠中の人しかバストが張らないと思っていたので妊婦さんじゃなくても張ることを知って驚きました。

どんな薬を飲んでもバストの痛みと張りだけは改善せず、専用の薬もないため、いつか痛みがなくなる薬まで行かなくとも、改善する薬や療法が見つかったり出来たらいいなと思っています。

ナイトブラ生活になったらバスト悩みがすべて解決した話

バストの悩みって人にはなかなか相談できないものの、女性であれば皆抱えているものです。

かくいう私も「寝るときのバスト流れが気になるなぁ」と思っていました。仰向けで寝るとバストが左右に流れてしまう経験、皆さんもあるのではないかと思います。

そこで検索を重ね知ったのが「ナイトブラ」の存在です。ナイトブラを日常に取り入れたらバスト悩みがすべて解決されたので、今回はその奇跡体験をシェアします。

1.ナイトブラとはなんぞや

ナイトブラ未経験だった私は、まずそのワードすら聞いたことがありませんでした。ナイトブラというのはその名の通り夜、就寝時に着用する下着のことです。

効果としては就寝時特有のあおむけの姿勢になった際のバスト流れを防止したり、寝返りを打つことによるバストの形崩れを防ぐことが大きな目的。

さらには寝ている間に育乳(バストアップ)してくれるという神がかったものまであります。

http://accountinghorizons.org/

2.初のナイトブラ

とにかく最初は安いところから始めてみようと、Amazonで探し出した2,000円前後のものを着用。

うきうきと布団に入ったのですが、「……苦しすぎん?」ともそりと起きだす始末。そうなんです、ナイトブラの締め付けがキツすぎて、あばらは痛いわ、寝苦しいわでものの数分で断念し外しました。

悲しきかな私の2000円。

3.性懲りもなく再チャレンジ

やはり安かろう悪かろうはその通りなのかもしれないと思った私は、SNSで人気の少しお高めのナイトブラにチャレンジしました。

すると見事に「苦しくない!なのにホールド感はある!」と感激。やはり口コミって大切なんだと実感したのでした。

4.悩み解決

気になっていたバスト流れもなく、翌朝も昨夜と同じ状態できれいにバストが収まっていました。感動!

最初のナイトブラで感じたデメリット、締め付けでの付け心地の悪さもなく朝まで快眠。数枚買い足しました。

5.結局、自分の体に合うものを

今回学んだのは「自分の体に合うものを使うのがベスト」だということです。

洋服と違って体にフィットするものなので、最初は1枚購入してみて自分の体に合うかどうかを見てからにしたほうがよさそうです。

結論としては、私はナイトブラ生活にしてよかったと思っています。この記事を読んでいる皆さんの中にもバスと悩みを抱えている方がいたら、一度ナイトブラも選択肢に入れてみてください。

理想のバストを手に入れて残念バストとさよならした3つの意識

25歳を過ぎて、気になりだしたのはバストが左右に離れたこと、そして、バストの上部がへこむような形になった残念バストへの変化でした。テレビや雑誌、本などのバスト情報で目にする「年齢によるバストの形がくずれる」をまさに体験しちゃったのです。どんなに気持ちが若くても年齢には、叶わないんですね。でも、年齢だからと諦めることもないんです。自分のバストに自信がなくなる前に手を打たなければ、そう決意すれば道が開けるというのも私のバストは体験させてくれました。

http://youkounkoun-radio.com/

では、何が私の残念バストを理想のきれいな谷間バストにしてくれたのかというと、気をつけたのは3つでした。

1つ目は『バストの形をきれいに保つ姿勢を目指す』、2つ目は『ストレッチやヨガによるバストとバスト周辺の柔軟性を手に入れる』、3つ目は『バストをじんわり温める呼吸を毎日行う』です。

まず、バストをきれいに保つ姿勢ですが、私は体の歪みがひどい人でした。

骨盤が右にすごく出てしまっていたんですね。立つときに、脚を右に出して、右の足に体重をかけてしまう癖がついていたのと、あぐらをかくときに、右脚を上にするのが原因でした。

なので、よく言われる「まっすぐの意識」をバストケアをし始めた私にはイメージできませんでした。

歪んだ癖から、まっすぐのイメージって、難しいんです。

そこで、まっすぐの意識を作るために体幹を鍛え始めました。プランクと呼ばれる方々を朝起きる前と寝る前に行いました。すると、全くイメージができなかったまっすぐの意識を作ることができるようになったんです。

意識を手に入れた私は、次にバストとバスト周辺の柔軟性に意識を向けてみました。

お恥ずかしながら、私のバストは歯ごたえ抜群の寒天のように固くて、当時は苦笑いしちゃいました。さらに、バスト周辺はガチガチの肩こりに加え、内巻き肩という理想のバストにはほど遠い状態だったんです。

そこで私は、「バストは柔らかいから、バストもバスト周辺も柔らかさを手に入れよう」と考え、バストのストレッチや肩のつまりを解消するヨガを試しました。

入浴後にラクダのポーズ、入浴後、トイレに入っているときに手のひらに力を入れて合掌のポーズをします。

このときに、きれいな姿勢のイメージを加えると、効果が高まるのでポーズと一緒にやるのがポイントでしたね。

カタカタの寒天バストが柔らかくなり始めたとき、私はバストが少し、温かくなるのを感じていました。

実は、私、日常の生活でとても緊張してしまう人で、呼吸がうまくできていなかったんです。

いまでは、ナチュラルにできる鼻から吸って、鼻から吐く呼吸がとてもつらくて、口呼吸が定番だったくらいです。

でも、体幹を鍛え、ストレッチで柔軟性を得てきた私の体は口呼吸ではなく、鼻呼吸を求めていたんです。

それは、ヨガニードラに取り組んで1週間くらい経とうとした頃の気づきでした。

以前には感じたことのない、バスト全体への温かさです。

まるで、バストの真ん中にカイロでも貼ったのではないかと疑うほどでした。

バストへの温かさばかりか、鏡にはふっくら血色のいいバストが移っていたのです。

あのときの感動は忘れられません。あんなにも形が悪くなっていたのに、私のバストは応えてくれた、そう思いました。

ただ私はこの3つをバラバラに始めてしまったので、残念なバストと向き合う時間に4年もかかってしまいました。

なので、バストのための姿勢、柔軟性、呼吸は同時にアプローチすると、効果が出るのも早かったのかなって感じます。

出産を機に変わってしまったバスト

私は2児の母です。妊娠する前はバストがCカップだったのですが、妊娠・出産を2度経験したら今ではAカップあるかないかくらいになってしまいまいした。ヴィアージュビューティーアップナイトブラのサイズ感

1人目の妊娠中にもう少しで生まれるかもというときにはかなり胸も張っていて出産をすしたらさらにパンパンになっていたのでサイズもさらに大きくなっていました。

しかしそれも1ヶ月くらいで終わり段々張りもなくなって刺し乳になっていくにつれてサイズダウンをし始めました。

気づくとCカップあったのがBカップになっていて、2人目を出産前にも張るには張りましたがBカップ以上にはなりませんでした。

出産しても張って大きくなっていたのは1週間程度でミルクに移行した途端、せめてものBカップですらしぼんでいってしまい今はAカップあるのかないのかわからないほどになてしまいました。

大きくしたくて食べるものをタンパク質多めに変えてみたりブラジャーの形を変えてみたりしましたが全然よくなる感じがしません。

出産前みたいにもっと張りのあるバストを取り戻すためにはどうしたらいいのかずっと悩んでいます。

サプリメントやナイトブラもいいのかな?と思って調べたのですが旦那に必要ないと言われてしまいなかなか試してみることができずで悩んでいます。